ログイン
商品を探す
カテゴリから選ぶ
価格帯から選ぶ
ギフトシーンから選ぶ
産地から選ぶ
ブランドから選ぶ
┗ 全商品一覧

2つの顔をもつウッドプレート「face two face - apartment」ができるまで

デザイナーの声
designer
デザイナーの声
UPDATE : 2015/07/01(水)
STAFF : cement
design_f2fapa_t

 

料理を華やかに演出するためのデザイン

 

一枚でまな板とウッドプレートの2通りの使い方できるface two face。
プレートとして食材を乗せる面はレーザーカッターでグラフィックを入れることで、
料理を華やかに演出してくれます。

 

apartmentはどんなグラフィックをいれるのか?
…ではなく、何を乗せるのか?
というところからスタートしました。

 

様々な食のシーンから、大人から子供まで
気軽に楽しく使えるものにしたいという想いから
ホームパティーなどでは定番のクラッカーを選択しました。

 

design_f2fapa_2

 

 

乗せる食材から生まれたデザイン、apartment

 

正方形のクラッカーの配置と本体の形状をいろいろと検討していく中で
規則正しく並んだ四角を見ていると、
ふと建物の窓に似ているなと思い
クラッカーを1つのアパートに見立てるグラフィックを入れることにしました。

 

design_f2fapa_3

 

さらに、アパートには様々な人が暮らしているので、
ひとつひとつの窓にはそれぞれ違った生活がそこにはあります。
そんなストーリーをプラスすることで、
手に取る度、ちょっとしたサプライズを演出できるようにしました。

 

クラッカーで窓を隠し、手にとるたびにいろんな絵が現れる。
手にとることが楽しくなる。そんな使い方ができればなと…。

 

design_f2fapa_4 design_f2fapa_5 design_f2fapa_6

 

 

ひたすらにラインを整えていく作業

 

design_f2fapa_7

 

ここまで来ればあとは実際にグラフィックを表現して行きます。

 

さまざまな窓を検証し、色鮮やかな食材に負けないような
デコラティブな窓を選択し、絵に起こして行きます。
窓は全部で12個あります。
実はこれ、一般的なクラッカーは12枚入りというところから
1回で全部を使い切ることができるようにしてあります。

 

design_f2fapa_8

 

窓ができれば次に中に入れるモチーフを決めていきます。

 

モチーフは非常に小さいので、レーザーで彫ったときに、
絵が潰れてしまわないように、ラインを削って調整していきます。
これが結構繊細な作業です。
この細かい調整を全てに施したら完成です。

 

design_f2fapa_9

 

ちなみにクラッカーだけでなく、
バゲットを一口大にカットして乗せさり、
カップケーキなどいろんな使い方ができますので、
あなただけのアレンジを楽しんでみてください。

 

 

この記事で紹介された商品

 

 
 

 

coto mono michi at TOKYO 公式 Facebook
coto mono michi at TOKYO 公式 instagram
メルマガ会員募集中
送料無料
メルマガ会員募集中