ログイン
商品を探す
カテゴリから選ぶ
価格帯から選ぶ
ギフトシーンから選ぶ
産地から選ぶ
ブランドから選ぶ
┗ 全商品一覧

モノづくりとコトバ/錫

モノづくりとコトバ
words
モノづくりとコトバ
UPDATE : 2015/06/24(水)
STAFF : cement
suzu
モノづくりの現場やデザイナーのインタビューなどを読むと、
何となくの意味は理解できているけれど、
説明できない用語って意外とたくさんありませんか?
そういうモノづくり関わる用語について紹介して行きます。
 
▼錫 読み:すず
錫(すず/tin)は銀白色の金属であり、原料は錫石(すずいし)という鉱物。
元素記号はSn、原子番号50。金・銀に次ぐ高価な金属と知られています。
自然界での金属は空気中に存在するため、物理的・科学的には
純度100%にはなりません。
混じり気のない錫のことを「純錫」と呼び、99.99%と表記されます。
錫は融点が231.9℃と低く、加工がし易い点と、外観の美しさから、
古来より高級感のある金属として珍重され、神社仏閣ではお神酒徳利(おみきすず)として、
また貴族・武士階級には、酒器や茶器が愛用されていました。
 
suzu2
◎ 錫の特性と注意点 ◎

 

特性1:金属臭がなく、人体には無害。酸化しにくい素材。
不純物を浄化・吸収する性質があるため、飲み物の味をまろやかにしたり、
旨みを引き出す作用があると言われています。
特性2:熱伝導率が極めて高い金属
「冷たいものは冷たく、温かいもは温かく」
燗にしたお酒を注ぐと、酒器自体がすぐに温かくなるので冷めにくく、
錫の酒器に冷たいビールを注ぐと、より冷えた状態で楽しめます。
沸騰するくらい熱いものを入れると、ヤケドするくらい熱くなりますので
ご注意ください。また、直火も厳禁です。
特性3:抗菌作用が強く、錆びない
科学的な根拠は定かではありませんが、錫器に入れた水は
「何日も腐らない」「おいしくなる」などと昔から言われています。
抗菌性・熱伝導がよく、錆びや腐食に強い錫(すず)の酒器は、
お酒の雑味を除き、まろやかな味わいにしてくれます。
また錆びない・朽ちない金属なので縁起がよいとされ、
錫器は繁栄を願う贈答品としても親しまれてきました。
特性4:金属の中では比較的やわらかい
両手でぐっと力を入れると、手で曲げることができるほど柔らかいので、
誤って落下させてしまうと、落とし方によってはぐにゃりと変形してしまいます。
過度な変形を繰り返すと、金属疲労で亀裂が生じてしまう恐れがありますので、
ご注意ください。
 
◎使用上の注意
・食器洗浄機・電子レンジのご使用はできません。
・過度な変形を繰り返すと、金属疲労で亀裂が生じてしまう恐れがあります。
・冷凍室での保管はお避けください。
 錫は蓄熱量が大きいため触ると手が凍りつき、凍傷になる恐れがあります。
 また、組織が変性してしまう可能性があります。
・熱伝導に優れているため、熱すぎるものをいれると、本体表面が熱くなり
 ヤケドの原因になる場合や、変形する恐れがあります。

 

 

 

錫製品のお手入れ方法はこちら
acetate3

 

 
 
 
いままでの「モノづくりとコトバ」
coto mono michi at TOKYO 公式 Facebook
coto mono michi at TOKYO 公式 instagram
メルマガ会員募集中
送料無料
メルマガ会員募集中