ログイン
商品を探す
カテゴリから選ぶ
価格帯から選ぶ
ギフトシーンから選ぶ
産地から選ぶ
ブランドから選ぶ
┗ 全商品一覧

木製カードケースCard Chest「camouflage」ができるまで

デザイナーの声
designer
デザイナーの声
UPDATE : 2015/05/27(水)
STAFF : cement
design_camo_t

カモフラージュ(迷彩柄)のデザインの話

 

この複雑なカモフラ柄のバランスのお話をします。

 

1色で迷彩柄を作るということは、
多色で表現するのとは違い、
1つの色で複数の色に見えるように調整しなければなりません。

 

camouflageでは、合計3つのパターンを入れています。
「てんてん」
「すとらいぷ」
「ちょんちょん」
「素地」
(・・・と私は読んでいます)
上から濃い色を表現して、下が一番薄い色です。
素地は、何も彫刻していない素の木肌です。

 

これらの面積のバランスが、
いずれかに偏ってしまうと、その色のイメージが強くなってしまいます。
色の間隔が空いてしまうと、
2色表現のように見えるところが出てきたりします。
そして、整列しすぎても
迷彩柄のように、自然にランダムに見えず、
機械的な柄に見えてしまいます。

 

design_camo_fig1

 

さらに、カードチェストでは、カモフラ柄の「奥行き」を意識しました。
良く目を凝らせていただくとわかるのですが、
素地が一番手前に見えますね?
「何もしていない木肌」のはずが、手前に見える。
そして最も奥に「ちょんちょん」がいることで、
レーザーの彫刻が盤面全体に広がっているようになります。
視覚の妙をついた(つもり)デザインです。

 

ただし、そうやって製作されたデータは、
重くなりすぎて、「機械が動かない!」と工場さんに何度か怒られた覚えがあります。笑

 

そういったことを加味しながら、
絶妙なバランス間隔で表現されたのが、「カードチェスト -camouflage-」。

 

「てんてん」「すとらいぷ」「ちょんちょん」

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

coto mono michi at TOKYO 公式 Facebook
coto mono michi at TOKYO 公式 instagram
メルマガ会員募集中
送料無料
メルマガ会員募集中